報道資料

中小規模水処理現場のためのIoT管理ソリューション

中小規模水処理現場のためのIoT管理ソリューション

中小規模水処理現場のためのIoT管理ソリューション (株)フィールドソリューション 最近の産業界ではインダストリアルIoT(IIoT)と呼ばれる、新しいチャレンジが始まっている。インダストリアルIoTでは、製造業から石油、ガス、建物のセキュリティの分野に至るまで、多様な分野の産業革新となる可能性を持っており、水処理や発電などの新しい産業領域に拡大している。ここに、次世代エネルギー・環境分野の技術革新を目指して挑戦する韓国のスタートアップ企業がいる。その名は、“水処理IIoTを専門とするスタートアップ”である、(株)フィールドソリューションだ。フィールドソリューションはIIoTを基盤とし、水処理プロセスで発生するデータを収集・分析するハードウェアとソフトウェアを製作している。   技術のはなし Background 大規模水処理現場では十分予算を確保でき、かつ熟練技術を持つ人材もいるため、プロセス管理がきちんとなされています。しかし、中小規模の現場では、予算と人材不足により自動化またはモニタリングシステムへの変更が難しいのです。単純にPLCを基盤としたHMIで、アラーム表示やデータのエクセル作成のみを行うにしても、数千万ウォンの費用が発生します。この何倍もの費用が発生する専門的な分析まで実施しようとすれば、その初期投資額と運転費用を中小規模現場では負担できず、システムの導入は困難であるのが現状です Concept ‘中小規模下水処理における分離膜生物反応槽の異常兆候を事前予測するためのサービスを実施する外部設置型ゲートウェイの開発’は、水処理プロセスのデータ分析過程を単純化し、初期投資費用と運転費を節約できる技術です。今までの分析プロセスは、センサーと装備からデータを作り出し、それらをノード、ゲートウェイ、サーバーまたはクラウドに送るという4段階を経ていました。セキュリティー上の問題や、予算の制限等がある中小規模の水処理現場は、上記の4段階からなる工程を取り入れるために高価なサーバーや応用プログラムを設置し、運営するのには限界があります。この問題を解決するためにサーバーやクラウドでやっていた分析や可視化の機能を、ゲートウェイに組み込み、初期投資費用を大幅に抑えることができるようにしました。また、水処理現場に合った分析機能を搭載したダッシュボードとモバイル・アプリも提供していますので、管理する人(ユーザー)が簡単に機能を理解し、利用できるようにしています。    Link: http://webzine.iitp.kr/main/view/id/33/layout/modal

B Dash Camp 2017 Spring in Fukuoka ピッチコンテストファイナルラウンド出場

B Dash Camp 2017 Spring in Fukuoka ピッチコンテストファイナルラウンド出場

B Dash Ventures主催の、国内外のインターネット業界のキーパーソンとスタートアップが参加する招待制イベント「B Dash Camp」は、毎回国内外から600名以上が参加する、日本最大級の招待制イベントです。㈱フィールドソリューションは、2017年3月16日、17日に福岡市にて行われました B Dash CampのPitch Arenaで、ファイナルランド(6社)に出場いたしました。   以下 B Dash Campツイッターより   【Pitch Arena ファイナルラウンド】 3社目は、Fieldsolutionです。 中国、日本、台湾、シンガポール、マレーシアおよびフィリピンのサポートグループと連携し、IoTを適用した水処理プロセスの管理ソリューションを提供しています。 #bdash2017 pic.twitter.com/tBRSN52x5m (오전 1:11 – 2017년 3월 17일) link  https://thepedia.co/article/2270/ Edaily link  http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?newsid=02273046615893168&SCD=JE41&DCD=A00504   <B Dash Camp 2017 Spring Fukuoka> 【Pitch Arena ファイナルラウンド出場者】   by:B Dash Camp@BDashCamp  

[フィールドソリューション] CFD基盤工程モジュールおよびプロセッサー設計について学会発表

[フィールドソリューション] CFD基盤工程モジュールおよびプロセッサー設計について学会発表

  2016年11月10日、韓国膜学会(The Membrane Society of Korea)が主催の秋季学術大会にて、“CDF(数値流体力学、Computational Fluid Dynamics)を基盤としたモジュール及びプロセッサー開発”について講演発表を行い、多くの好評をいただいた。この日、二次元基盤と三次元基盤の工程で利用する実際の反応機及びモジュールについて発表した。   webadress: http://www.membrane.or.kr/notice/view.php?idx=917&page=1&search=&find=

[Fieldsolution]グローバル革新センター(KIC)主催の China K-DEMO DAYに参加

[Fieldsolution]グローバル革新センター(KIC)主催の China K-DEMO DAYに参加

  3日、北京中関村創業大街で20の韓国のスタートアップが、アリババ、テンセント、京東などの現地の有名企業のベンチャーキャピタル担当者やエンジェル投資家たちに向けて、事業内容を紹介する“K-デモディ・チャイナ”が開催された。   韓国の国家行政機関である未来創造科学部(未来部)が、国内スタートアップ企業の中国進出に向け、今年6月に北京に設立したKIC-中国(センター長、コ・ヨンファ)やソウル創造経済革センターなどと協力して開催したもので、韓国の先発スタートアップである(株)MANIAMIND、(株)ESM研究所などのスタートアップ企業20社の代表たちが、この日投資誘致の舞台に立った。   チェ・ヤンヒ未来部長官は、“中国国内市場はとてつもなく巨大なものであり、中国でトップになるということは、世界では5本指に入る企業になることに相当する”とし、“これまでも中国で韓国スタートアップ企業のための投資誘致説明会を、小規模ながら行ってきたが、今回は本格的に取り組むことになった”と説明した。   さらに“(今回のイベントを)グローバル創業の生態系レベルの中国と、韓国間の、新しい協力モデルに発展していくようにする”と付け加えた。   コ・ヨンファKIC-中国センター長は“今回の大会で選抜された5つの優秀企業には、KIC-中国が12月中旬に操業をはじめる創業育成センターへの優先的入居権を提供し、中国のベンチャーキャピタルとスタートアップ企業をつなぐ役割を行い、投資誘致支援を行う予定”であることを明らかにした。   この日、イベントを共同開催した中国電子商会は、中国の行政部門である工業情報部の傘下機関であり、同商会の会員企業5000社余りの総販売額は中国国内総生産(GDP)の三分の一を占めている。 2016年11月4日 ChosunBiz 記事リンク http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&oid=366&aid=0000348139&sid1=001 http://news.xinhuanet.com/itown/2016-11/04/c_135806495.htm?from=groupmessage&isappinstalled=0

[デジタルイノベーション大賞] フィールドソリューション IoT技術でつなぐ水処理制御と分析

[デジタルイノベーション大賞] フィールドソリューション IoT技術でつなぐ水処理制御と分析

[デジタルイノベーション大賞] フィールドソリューション IoT技術でつなぐ水処理制御と分析 (株)フィールドソリューション(金大天代表、www.fieldsol.com)は、次世代エネルギーと環境分野での技術革新を目標にしている水処理のインダストリアルIoT(IIoT:Industrial Internet of Things)のスペシャリストである。 産業化や人口増加により、水処理に対するニーズは毎年急増しており、地球規模の課題として認識されている。この市場規模は600兆ウォン台であり2025年までに約1,000兆ウォン規模になると考えられている。ソウル市上下水道でもIoTを適用したスマートウォーターグリッドの構築を推進しており、2030年まで段階的に1兆4,000億ウォンを投資する計画を明らかにした。 フィールドソリューションはユーザーが持つ既存施設の段純な制御方式にIoT技術を導入し、センサー、ユーティリティ、サーバーおよび応用プログラムサービスを、自社で体系化した技術開発をしており、これによって現場にユーザーが求める情報を収集し、ユーザーに合ったリアルタイムサービスを提供している。このサービスによって、ユーザーの維持管理費用を毎年30~50%削減することができる。 フィールドソリューションは水処理の制御及び分析分野をはじめとし、国内外のエネルギー・環境分野のスペシャリストとなるべく日々努力をしており、技術強国である日本市場に進出するために日本企業からの投資誘致、協力社との連携体制の構築を進めている。 リンク(http://www.hankookilbo.com/v/9ab54015be424170bda9a1f86d59401d)    

フィールドソリューション 産業用IoT ( IIoT )の事例発表

フィールドソリューション 産業用IoT ( IIoT )の事例発表

2016年6月22日 ADVANTECH主催 の“モノのインターネット(IoT)パートナー カンファレンス(IoT Focused Partner Conference)”で発表しました! 当日は、世界的にも有名な企業であるインテル社、マイクロソフト社、KT社、アドバンテック社に続いて当社フィールドソリューション(Fieldsolution)が発表。これらの大企業と並んで発表することは当社にとって、とても有意義で、すごくいい機会でした。 発表内容は、インダストリアルIoT (IIoT)の事例で、6年前、3年前、1年前、そして現在の状況について発表しました。また、IoTの問題解決方法についても紹介しました。会場での反応はとても好評で、来年度から大手企業との共同事業に取り掛かる予定です!!  

「第4回韓日創造経済フォーラム」 IR 発表

「第4回韓日創造経済フォーラム」 IR 発表

「第4回韓日創造経済フォーラム」が28日、東京・虎ノ門ヒルズAndazTokyou内のRooftopStudioにて 開かれた。 駐日本国大韓民国大使館の主催で行われた同フォーラムは、IOT、部品、素材、医療、バイオ、医療、バイオ、文化コンテンツなど、諸般分野で国際的な競争力を保有する韓国企業らを招待し、事業アイテムの発表および質疑応答の時間をもった。 ・Welcome Remarks : Dongho Hong/Minister, Embassy of the Republic of Korea ・Keynote Speech : Chul-Kyun Kim/”Opportunities and Challenges for Korean Startup Ventures via the experience of Coupang”President, Korea internet Professional Association (KIPFA) ・Presenter list Future oriented creative economy ①AI Suction Device – Myoung Ae Kim ②Hylium industries – Kim, Seo Young ③Wisdomain – Jandy Kim ④HEADPLAY – Kim, Tea Kwan Iot and Creative Economy ⑤Field Solution – Kim, Daechun ⑥Grib – Cheong Yeonkyu ⑦BI MATRIX – Kang,Read more..

報道資料

報道資料

ッケージ製品は、中・小規模の水処理現場で、専門家でない人材であっても容易に維持管理できるよう、予測エンジンをベースにプロセス運転ガイドライン情報を管理者に提供する。 フィールドソリューションは既存の単純な制御方式にIoT技術を加えることにより、デバイス、応用プログラムとサービスを統合させ、自主的に体系化させた。このことにより、現場で設置されたセンサーとユーティリティ情報を収集し、顧客にリアルタイムでサービスすることができる。顧客は水処理現場での管理の手間を省くことができ、維持管理費用も30~50%削減できる。キム代表は、‘水処理の制御、分析分野を出発点とし、最終的にはエネルギー分野に進出することが目標’であり、‘制御・計測を専門とするEPC(設計・購買・施工)企業となること’と抱負を語った。 フィールドソリューションは今年設立された会社であるが、金大天代表が会社勤めの傍ら、技術開発、特許の獲得をはじめとした、事業の準備に費やした時間は、5年に及ぶ。 金代表は‘会社設立をして一番難しい点は時間管理’と話しており、個人企業として動く合間に行政、業務ミーティング、開発のための勉強などの時間割をつくり、厳しく日程管理をする方法を会得した。代表は国家技術標準院(Korean Agency for Technology and Standards)出身であり、国内外の専門企業において長期にわたり経験を積んできた。産業工学を専攻し、水処理分野のサービスを受け持ち、エネルギー環境分野で博士号を取得した。彼を、会社創業にまで引っ張ってきた原動力は‘現場’にあった。会社の名前も‘現場(Field)に答え(Solution)がある’という意味で、フィールドソリューションと名づけた。金代表は‘水処理市場も、大規模施設はよくできているが、中小規模施設は半自動化のレベルであり、相対的に熟練度が低い人が担っているため問題が多かった。’とし、ニッチ市場を発掘した背景を説明した。 フィールドソリューションは製品の発売を控え、自社の水処理用製品FSシリーズを国内の下・排水施設に設置、運転し、フィードバックを通して製品の完成度を高めている。 写真:金 大天 フィールドソリューション代表